ウィキペディア、フリー百科事典から


桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第5巻 千両みかん 夏の医者
価格本体2,800円+税
発売日2017/3/27
判型/分A5判/51分
ISBN9784094804751

〈 書籍の内容 〉ついに完結!全巻購入でお宝特典DVD付! シリーズ累計10万部を超えた大人気シリーズの第3弾。
最終巻の二演目はどちらも夏の噺の傑作で、桂枝雀の十八番。
笑いの中に悲哀とモノの価値とは?を考えさせる『千両みかん』と、
灼熱の暑さを「お日ぃさんがカーッ!」の名台詞と仕草でわかせる『夏の医者』。
巻頭エッセイは、いま大ブレイク中の星野源による書き下ろし「枝雀と私」。20歳頃に枝雀に出会い「初めてDVDを観て、それまで落語で笑ったことのない自分が手を叩き、爆笑していた」と、そのときの衝撃を記しています。

その日の絵

ヘミレウカヘラ

蛾の種 ヘミレウカヘラ 科学的分類 王国: 動物界 門: 節足動物 クラス: 昆虫 注文: 鱗翅目 家族: ヤママユガ科 属: ヘミレウカ 種: H.ヘラ 二名法 ヘミレウカヘラハリス、1841年 同義語 サトゥルニアヘラ Hemileuca pica ヘラクリソカレナ ヘミレウカヘラ、 セージブラシ羊蛾 または ヘラバックモス、ヤママユガ科の蛾です。この種は1841年にタデウスウィリアムハリスによって最初に記載されました。それは北アメリカでサスカチュワン州南部からブリティッシュコロンビア州、南アリゾナ州とニューメキシコ州に見られます。 翼幅は71〜93mmです。大人は場所にもよりますが、7月から9月まで羽ばたきます。 の幼虫 ヘミレウカヘラヘラ 食べて Artemisia tridentata, A.トリパルティータ, ルピナス そして エリオゴヌム。の幼虫 Hemileuca hera marcata 食べて A.ヤマヨモギ. 亜種 ヘミレウカヘラヘラ (グレートベースン) Hemileuca hera marcata (オレゴン南部) 外部リンク .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:''''''''''''}.mw-parser-output (記事全文...)

ヘミレウカヘラ